熟練の職⼈たちによる、⾃慢の加⼯技術

1月 10. 2024 News |

⽔揚げしたばかりの新鮮なぶりを加⼯するのは、⾃社の加⼯⼯場です。⽔揚げ後のぶりをすぐさま運搬し、熟練の職⼈たちが鮮度を保ちながらすばやく⼿作業でカット。⼀尾ずつ職⼈が⾒極めながら断頭から内臓除去、三枚おろしまで、⼿間ひまかけて⾏っています。ぶりの⽔揚げから真空パックまで、およそ2時間で完了。職⼈ひとりひとりの⾼い技術⼒は、当社の⾃慢です。

当社のぶりが育まれる⿅児島・錦江湾の漁場

1月 9. 2024 News |

「ぶり職⼈」のぶりは、すべて⿅児島の錦江湾内にある200ほどの⽣けすで⼤切に育てられています。錦江湾は⽔深が深く、⽔温も平均19℃とぶりが⽣育するのに適しています。さらに、湾内ということで波が少ないこともあり、計画的にぶりを育てやすい環境でもあります。

Category / Archive

Category